ブラックリストとは?

ブラックリストとは

一般的には、「個人信用情報機関」に「事故情報」が登録されている状況を「ブラックリストに載る」と呼ばれています。「個人信用情報機関」は、顧客の返済能力を超えた融資や不必要な融資を防ぐことが目的として設けられています。すなわち、金融機関の借金、ローン利用者、クレジットカード利用者などのどこの会社とどのような取引をしているかといった個人の信用取引に関する情報を登録し、新たに信用取引を始めようとする会社に対し、情報を提供します。とくに、返済を一定期間延滞したり、破産したりした場合に「事故情報」が登録されます。事故情報に記録されると、新たな信用取引の際に障害となります。

延滞などの事故情報は、登録されてから原則として5年で削除され、個人破産や民事再生については5年から7年と言われています。  

過払い請求をするとブラックリストに載る?

すでに完済している取引先に過払金を請求しても信用情報には載りません。

現在も支払いを継続している方については、たとえ利息制限法に引き直して過払いになる事件でも、債務整理の手続きを開始した時点で、債務整理開始を意味する事故情報が登録されると言う意見もあります。結果として過払いであれば、「完済」という情報しか載らないという情報が有力です

あえてブラックリストに載せる

何度も、家族が借金を肩代わりしてもらって来た。また、借入をしてしまうおそれがある。という方がご家族と相談に来られることがあります。延滞等の事故がなかった以上、業者にとって見れば、優良顧客であり、いつでもまた借入ができてしまいます。このような場合、本人の納得のもとに、新たな借り入れを防ぐため、あえてブラックリストに載せることもあります